« On Voice 第121回 ポスト団塊世代の自由主義 | トップページ | On Voice 第123回 アラフォー世代の人たちの世界観は »

2009年2月18日 (水)

On Voice 第122回 闘わずしてあらかじめ敗北していた僕ら

 テレビのバラエティ番組量産に象徴されるソフトな「政治性の押さえ込み」
 文学でも…。1980年前後の芥川賞にはどんなものがあったか。
 政治に関わることはヤバくてダサいことになっていった。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第122回

|

« On Voice 第121回 ポスト団塊世代の自由主義 | トップページ | On Voice 第123回 アラフォー世代の人たちの世界観は »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44089848

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第122回 闘わずしてあらかじめ敗北していた僕ら:

» 昭和53年(1978)のベスト・セラー [あの年のベスト・セラーは?]
1.有吉 佐和子 「和宮様御留」 講談社 2.ジョン・K・ガルブレイズ 「不確実性の時代」 TBSブリタニカ 3.山崎 豊子 「不毛地帯 1〜4」 新潮社 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 08時42分

« On Voice 第121回 ポスト団塊世代の自由主義 | トップページ | On Voice 第123回 アラフォー世代の人たちの世界観は »