« On Voice 第128回 「正義」の理由を探し続ける<稲妻6> | トップページ | On Voice 第130回 『おくりびと』、村上春樹、イスラエル »

2009年2月25日 (水)

On Voice 第129回 現代日本文学における『稲妻6』

 正義でさえ何かしらの代償が無いと信じられない現代日本人の姿。
 抽象的観念的なものに感じる不確実感。「愛」も具体的な愛でなければその存在を確信できない。
 別の方向性から「正義」を定義した村上春樹のイスラエル・スピーチ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第129回

|

« On Voice 第128回 「正義」の理由を探し続ける<稲妻6> | トップページ | On Voice 第130回 『おくりびと』、村上春樹、イスラエル »

on voice 小説・マンガ・紙媒体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44128225

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第129回 現代日本文学における『稲妻6』:

« On Voice 第128回 「正義」の理由を探し続ける<稲妻6> | トップページ | On Voice 第130回 『おくりびと』、村上春樹、イスラエル »