« On Voice 第132回 「朝日」における斎藤美奈子の村上春樹批判 | トップページ | On Voice 第134回 エンターテイメント小説は「かっこいい」のか? »

2009年3月 1日 (日)

On Voice 第133回 受賞スピーチは「かっこいい」のか?

 「こういう場合に『自分は壁の側に立つ』と表明する人」はいないと言うのは少しずれた批判では。
 作家の仕事としての表現と、小説家を職業としている一人の個人の発言を区別している村上春樹。
 村上はあえて「かっこう悪い」ことを選んだのではないのか。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第133回

|

« On Voice 第132回 「朝日」における斎藤美奈子の村上春樹批判 | トップページ | On Voice 第134回 エンターテイメント小説は「かっこいい」のか? »

on voice 小説・マンガ・紙媒体」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44190496

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第133回 受賞スピーチは「かっこいい」のか?:

« On Voice 第132回 「朝日」における斎藤美奈子の村上春樹批判 | トップページ | On Voice 第134回 エンターテイメント小説は「かっこいい」のか? »