« On Voice 第133回 受賞スピーチは「かっこいい」のか? | トップページ | On Voice 第135回 "Let It Be... Naked"を聴く »

2009年3月 2日 (月)

On Voice 第134回 エンターテイメント小説は「かっこいい」のか?

 うだうだ悩む坂本康宏作品の主人公たち。
 とは言え、「かっこいい」サイボーグ戦士たちも悩んでいた。
 答えを見つけること、結論に至ることが「かっこいい」ことなのかもしれない。
 こういう時代に、それでも答えを探そうとする作家たちの勇気。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第134回

|

« On Voice 第133回 受賞スピーチは「かっこいい」のか? | トップページ | On Voice 第135回 "Let It Be... Naked"を聴く »

on voice 小説・マンガ・紙媒体」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44190502

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第134回 エンターテイメント小説は「かっこいい」のか? :

« On Voice 第133回 受賞スピーチは「かっこいい」のか? | トップページ | On Voice 第135回 "Let It Be... Naked"を聴く »