« On Voice 第142回 『A.i.』と動物映画の共通点~日本人と信仰 | トップページ | On Voice 第144回 批評、感想って難しいなあ »

2009年3月11日 (水)

On Voice 第143回 村上春樹の記事2つ

 レバノンの作家がエルサレム賞授賞を批判。
 評価の違いは期待度の差か?
 「ネット空間にはびこる正論原理主義を怖いと思う」村上。
 しかし現実は、もはや正論・原理主義でさえない米国追随論が横行している。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第143回

|

« On Voice 第142回 『A.i.』と動物映画の共通点~日本人と信仰 | トップページ | On Voice 第144回 批評、感想って難しいなあ »

on voice 小説・マンガ・紙媒体」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44305162

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第143回 村上春樹の記事2つ:

« On Voice 第142回 『A.i.』と動物映画の共通点~日本人と信仰 | トップページ | On Voice 第144回 批評、感想って難しいなあ »