« On Voice 第155回 飽きずに読んだ百科事典 | トップページ | On Voice 第157回 WBCはおもしろかった »

2009年3月24日 (火)

On Voice 第156回 また出た「キイナ」のトンデモねたw

 ご注意! 今回は『キイナ-不可能犯罪捜査官-』最終回のネタバレになってます。
 科学とトンデモの境目は実はけっこう難しい。
 キイナのネタ元は『特命リサーチ2000X』らしいが、そのまたルーツは大伴昌司の「嘘のようだが本当だ!」大図解あたりから延々と繋がっている。
 実は確信犯? 「キイナ」のスタッフ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第156回

*長さの関係でカットしたエピソード
 退行催眠は意図的もしくは悪意なく術者が被験者に暗示をかけてしまうことによって生じる現象。また、巨大隕石衝突による恐竜絶滅説は「K-T境界層」という地層に含まれるイリジウムという物質の量が多いというところから始まったが、その後の調査・研究でこれが天体衝突の結果と見るのは難しくなっている。

なお、上記の内容は以下の著作を参考にしました。
『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』スーザン・A・クランシー/ハヤカワ文庫NF
『知られざる日本の恐竜文化』金子隆一/祥伝社新書

 「フランダースの太」について知りたい人は、これと「キムタク」でググってね。

|

« On Voice 第155回 飽きずに読んだ百科事典 | トップページ | On Voice 第157回 WBCはおもしろかった »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

on voice 映画・テレビ・演劇・演芸・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44439490

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第156回 また出た「キイナ」のトンデモねたw:

» 不可能犯罪捜査官キイナ [キイナ -不可能犯罪捜査官- MANIA]
ドラマ②。 『キイナ不可能犯罪捜査官』 世の中の大抵の事件は、事実に基づいて解決できる。捜査するにあたって根本的な事だよね。 呪いにまつわる殺人は、人の恐怖心を利用した作品が多いよね。それを逆にひねくった『トリック』は面白い作品でしたが‥。 ...(続きを読む) On Voice 第156回 また出た「キイナ」のトンデモねたw 今回は『キイナ-不可能犯罪捜査官-』最終回のネタバレになってます。 科学とトンデモの境目は実はけっこう難しい。 キイナのネタ元は『特命リサーチ2000X』らしいが、その... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 11時03分

« On Voice 第155回 飽きずに読んだ百科事典 | トップページ | On Voice 第157回 WBCはおもしろかった »