« On Voice 第160回 70年代SF界と純文学との緊張関係 | トップページ | On Voice 第162回 読者の役割とジャンル分けの有効性 »

2009年3月29日 (日)

On Voice 第161回 「ジャンル」に対する問題意識が育った背景

 「SFの浸透と拡散」が叫ばれ、中間小説というカテゴリーが出現した時代。
 そうした背景の中で読み手として育った僕らの世代。
 読者が作品のジャンル性を語るのは当たり前だが…

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第161回

|

« On Voice 第160回 70年代SF界と純文学との緊張関係 | トップページ | On Voice 第162回 読者の役割とジャンル分けの有効性 »

on voice 小説・マンガ・紙媒体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44494331

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第161回 「ジャンル」に対する問題意識が育った背景:

« On Voice 第160回 70年代SF界と純文学との緊張関係 | トップページ | On Voice 第162回 読者の役割とジャンル分けの有効性 »