« 憲法を読んでみる 第19回 第3章を読んで(3)~憲法の目的は国民を国家権力から守ること | トップページ | ああ、あの人は… »

2009年5月 5日 (火)

憲法を読んでみる 第20回 第3章を読んで(4)~自己責任論と「水戸黄門」

 自分の「正義」を行使する手段が無くて、もどかしさを感じる「個人」
 価値観の多様化によって「個人」と「個人」の断絶が大きくなってしまった。
 自分が死刑になれば他人を殺してもよいと思う「個人の正義」と、殺人犯は死刑にしなくてはならないと考える「個人の正義」、実はメダルの表裏なのでは。

柳川龍太郎(仮名)の
憲法を読んでみる 第20回

|

« 憲法を読んでみる 第19回 第3章を読んで(3)~憲法の目的は国民を国家権力から守ること | トップページ | ああ、あの人は… »

憲法を読んでみる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/44892690

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を読んでみる 第20回 第3章を読んで(4)~自己責任論と「水戸黄門」 :

« 憲法を読んでみる 第19回 第3章を読んで(3)~憲法の目的は国民を国家権力から守ること | トップページ | ああ、あの人は… »