« On Voice 第210回 脳死による臓器移植に反対する | トップページ | On Voice 第212回 「健全」が正しいと言ってる訳じゃないが »

2009年6月12日 (金)

On Voice 第211回 機械的なヒト観と生死の社会性

 人間は機械ではない。部品交換可能であるかのような考え方は人間の尊厳を失わせる。
 人間は自分の死を自覚することはできない。だから死は常に他人の死である。人間は社会的な存在であり、人間の死も社会的なカテゴリー。
 人間はそもそも生きていれば人に迷惑をかける存在だが、死んだって他人に迷惑をかけるのだ。それは人間が社会的存在である以上、避けられない。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第211回

|

« On Voice 第210回 脳死による臓器移植に反対する | トップページ | On Voice 第212回 「健全」が正しいと言ってる訳じゃないが »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45305064

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第211回 機械的なヒト観と生死の社会性:

« On Voice 第210回 脳死による臓器移植に反対する | トップページ | On Voice 第212回 「健全」が正しいと言ってる訳じゃないが »