« On Voice 第215回 同じ主張でも「正義」である場合・ない場合 | トップページ | On Voice 第217回 政治的混乱と政党の理念 »

2009年6月17日 (水)

On Voice 第216回 世界中で民族主義・国家主義が台頭している理由

 イランの保守強硬派大統領再選で流血の事態。イスラエルではパレスチナ国家承認に実現不可能な条件。
 北朝鮮は相変わらず恫喝政治。日本では幸福実現党とか在特会など過激な右翼運動が活発化している。
 アメリカ合衆国が極端な自国優先政策をとっていることが背景に。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第216回

|

« On Voice 第215回 同じ主張でも「正義」である場合・ない場合 | トップページ | On Voice 第217回 政治的混乱と政党の理念 »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45362109

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第216回 世界中で民族主義・国家主義が台頭している理由 :

« On Voice 第215回 同じ主張でも「正義」である場合・ない場合 | トップページ | On Voice 第217回 政治的混乱と政党の理念 »