« On Voice 第216回 世界中で民族主義・国家主義が台頭している理由 | トップページ | 情けないことながら »

2009年6月18日 (木)

On Voice 第217回 政治的混乱と政党の理念

 アメリカに対する反発が激化し、アルカイダなどが活性化した。
 まず初めに、強い者・持てる者が自分のあり方を変えなければ、世界平和は実現しない。
 日本国内では「鳩の乱」とか障害者団体向け割引郵便制度の悪用事件。
 問題の一端は、政党が権力を握るための機関に純化してしまったことにある。
 大政党の中に複数の理念が並存するより、理念のはっきりした中小政党が複数存在した方が、より良いのではないだろうか。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第217回

|

« On Voice 第216回 世界中で民族主義・国家主義が台頭している理由 | トップページ | 情けないことながら »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45362122

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第217回 政治的混乱と政党の理念:

« On Voice 第216回 世界中で民族主義・国家主義が台頭している理由 | トップページ | 情けないことながら »