« On Voice 第225回 ジェニファー・リンド准教授の寄稿から | トップページ | On Voice 第227回 マイケル・ジャクソンとは何だったのか? »

2009年7月 2日 (木)

On Voice 第226回 戦争責任と国家・国民のプライド

 終戦直後の独仏関係では「謝罪しないが事実は認める」戦略が採られた。
 国内的にはあえて世論を二極化することはないが、事実を無かったとする言説には厳しい態度が必要。
 他国のことなら明白に見て取れるのに…

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第226回

|

« On Voice 第225回 ジェニファー・リンド准教授の寄稿から | トップページ | On Voice 第227回 マイケル・ジャクソンとは何だったのか? »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45506003

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第226回 戦争責任と国家・国民のプライド:

« On Voice 第225回 ジェニファー・リンド准教授の寄稿から | トップページ | On Voice 第227回 マイケル・ジャクソンとは何だったのか? »