« On Voice 第231回 違和感を感じる「禁煙ファシズム」 | トップページ | On Voice 第233回 民主主義の代償として我々は徹底的に悩まなくてはならない »

2009年7月 8日 (水)

On Voice 第232回 「生き方」か、加害か、それが問題だ

 「禁煙ファシズム」を批判する人たちは麻薬の取り締まりにも反対するのだろうか?
 タバコは文化的歴史的に今のところ麻薬に指定されていないだけかもしれない訳で…
 かつては「自己責任」で信号無視をすると堂々と語っていた人もいたが、他人に危害を与えることであればライフスタイルで片付けられる問題ではない。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第232回

|

« On Voice 第231回 違和感を感じる「禁煙ファシズム」 | トップページ | On Voice 第233回 民主主義の代償として我々は徹底的に悩まなくてはならない »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45555650

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第232回 「生き方」か、加害か、それが問題だ:

« On Voice 第231回 違和感を感じる「禁煙ファシズム」 | トップページ | On Voice 第233回 民主主義の代償として我々は徹底的に悩まなくてはならない »