« On Voice 第234回 温暖化の犯人捜しをしている時ではない | トップページ | On Voice 第236回 帝国主義的な支配とは? »

2009年7月11日 (土)

On Voice 第235回 無差別殺傷事件~本当に必要なことは

 大阪のパチンコ店放火無差別殺傷事件の犯人に訊いてみたい。
 犯人が思い詰めた精神構造と死刑を求める被害者側の意識に似たものを感じざるを得ない。
 犯人を速く裁いて早く処刑することは重大事件を日常化し風化を速める結果にしかならない。
 犯人を殺すことより犯人も社会も永遠にこの問題と向き合い続けることが必要。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第235回

|

« On Voice 第234回 温暖化の犯人捜しをしている時ではない | トップページ | On Voice 第236回 帝国主義的な支配とは? »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45581412

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第235回 無差別殺傷事件~本当に必要なことは:

« On Voice 第234回 温暖化の犯人捜しをしている時ではない | トップページ | On Voice 第236回 帝国主義的な支配とは? »