« On Voice 第254回 官僚なみに硬直したマスコミの報道パターン | トップページ | On Voice 第256回 ひとりを全員でいじめる(いじる?)演出の番組を聴いて »

2009年7月31日 (金)

On Voice 第255回 社会主義・共産主義への素朴な疑問に対して

 働いても働かなくても同じならみんな働かなくなる?
 働かないと食べられないのだから働く。人類が発生以来続けてきたこと。ただそれだけのこと。むしろ階級社会が特殊に働かなくても食べられる人がいる社会。
 社会主義的な経済システムが効率的でないのは事実だが、本当に人間らしいペースで生産していけば今日の我々の生活水準が維持できるはずがない。
 ソ連や中国で問題だったのは自由を抑圧した体制の問題だったが、それを生み出した真の犯人は資本主義勢力だった。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第255回

|

« On Voice 第254回 官僚なみに硬直したマスコミの報道パターン | トップページ | On Voice 第256回 ひとりを全員でいじめる(いじる?)演出の番組を聴いて »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45754089

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第255回 社会主義・共産主義への素朴な疑問に対して:

« On Voice 第254回 官僚なみに硬直したマスコミの報道パターン | トップページ | On Voice 第256回 ひとりを全員でいじめる(いじる?)演出の番組を聴いて »