« On Voice 第259回 テレビを通じて一般化したイジメ型の笑い | トップページ | On Voice 第261回 なぜお笑い芸人がヒーローになったのか »

2009年8月 5日 (水)

On Voice 第260回 テレビを通じた「お笑い」の浸透と昇格

 やがてだんだんタガが外れてきた?テレビのお笑い番組。
 人間の本音をむき出しにしたブラックユーモアがどぎつく演出されていく。
 そうした「笑い」がテレビを通じて子供たちの中に自然に浸透していくとともに、お笑いがカッコイイものに。
 孤高の求道者たるタケシや松本。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第260回

|

« On Voice 第259回 テレビを通じて一般化したイジメ型の笑い | トップページ | On Voice 第261回 なぜお笑い芸人がヒーローになったのか »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

on voice 映画・テレビ・演劇・演芸・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45836751

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第260回 テレビを通じた「お笑い」の浸透と昇格:

« On Voice 第259回 テレビを通じて一般化したイジメ型の笑い | トップページ | On Voice 第261回 なぜお笑い芸人がヒーローになったのか »