« On Voice 第261回 なぜお笑い芸人がヒーローになったのか | トップページ | On Voice 第263回 確かに宇宙に夢はあるけれど »

2009年8月 7日 (金)

On Voice 第262回 笑われることを嫌がることも出来ない状況が…

 いずれにしても、弱い者を徹底的に笑うことが面白いという若者の文化が醸成されてきたことは事実。
 笑われるしかない、否、笑ってさえもらえない弱い人間が、ガンダムやエヴァに乗ることも出来ずに、サバイバルナイフを持って街頭で爆発する。
 しかし、本当の問題は若者の中にあるわけではない。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第262回

|

« On Voice 第261回 なぜお笑い芸人がヒーローになったのか | トップページ | On Voice 第263回 確かに宇宙に夢はあるけれど »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

on voice 映画・テレビ・演劇・演芸・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45841485

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第262回 笑われることを嫌がることも出来ない状況が…:

« On Voice 第261回 なぜお笑い芸人がヒーローになったのか | トップページ | On Voice 第263回 確かに宇宙に夢はあるけれど »