« On Voice 第262回 笑われることを嫌がることも出来ない状況が… | トップページ | On Voice 第264回 歴史が風化するということ »

2009年8月 8日 (土)

On Voice 第263回 確かに宇宙に夢はあるけれど

 若田さんが宇宙から帰還して「子供たちに夢を持って欲しい」と発言。
 しかし宇宙開発にかけられている資金を地上の子供たちに回した方が、ずっと夢を与えることになるのでは。
 宇宙の環境汚染も心配だ。
 背景には宇宙軍拡問題が。軍拡はさらに子供たちの夢を奪う結果に。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第263回

おまけ/本日未明の夜空
09080802
雲がかかっていたがなんとか月は見える

09080801
月と一緒に木星も見える(画面右下)。ちなみに35倍の天体望遠鏡で見たら、木星の衛星らしき星も見えたが、手持ちのカメラでは写真に撮るのはちょっと無理

|

« On Voice 第262回 笑われることを嫌がることも出来ない状況が… | トップページ | On Voice 第264回 歴史が風化するということ »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45863309

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第263回 確かに宇宙に夢はあるけれど:

« On Voice 第262回 笑われることを嫌がることも出来ない状況が… | トップページ | On Voice 第264回 歴史が風化するということ »