« On Voice 第266回 歴史を風化させないように | トップページ | On Voice 第268回 「侵略」であれ「自衛」であれ戦争は不幸をもたらすだけ »

2009年8月12日 (水)

On Voice 第267回 なぜ軍拡路線が許されてしまうのか

 政府の「安全保障と防衛力に関する懇談会」報告が集団的自衛権容認と武器輸出三原則の無効化を示唆。
 タカ派が続いた最近の歴代総理の下では当たり前か… 民主党の平和政策も後退し続ける。
 オバマ路線への挑戦? な訳は無く対米追従路線の延長だろうが。
 民衆の中に広がる「誰かから攻撃される」恐怖。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第267回

|

« On Voice 第266回 歴史を風化させないように | トップページ | On Voice 第268回 「侵略」であれ「自衛」であれ戦争は不幸をもたらすだけ »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45897541

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第267回 なぜ軍拡路線が許されてしまうのか:

« On Voice 第266回 歴史を風化させないように | トップページ | On Voice 第268回 「侵略」であれ「自衛」であれ戦争は不幸をもたらすだけ »