« On Voice 第268回 「侵略」であれ「自衛」であれ戦争は不幸をもたらすだけ | トップページ | On Voice 第270回 だから戦争は絶対にやってはいけない »

2009年8月14日 (金)

On Voice 第269回 戦争は民衆の自由を制限し、民衆の命を対価にして行われるしかないのだ

 戦争をし続けるアメリカでは格差が広がり二極化が進んだ。つまり戦争をしたからと言って別に国民が幸せになったわけではなく、逆に9・11テロを誘発した。儲けたのは戦争産業の企業だけ。
 「勝った」はずの日露戦争の時には、犠牲に比して国民に返ってくるものがあまりにも少なくて不満が高まった。
 「武器輸出三原則が兵器産業の利益を阻害している」と公言する人も参加する「懇談会」は象徴的。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第269回

|

« On Voice 第268回 「侵略」であれ「自衛」であれ戦争は不幸をもたらすだけ | トップページ | On Voice 第270回 だから戦争は絶対にやってはいけない »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/45919942

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第269回 戦争は民衆の自由を制限し、民衆の命を対価にして行われるしかないのだ:

« On Voice 第268回 「侵略」であれ「自衛」であれ戦争は不幸をもたらすだけ | トップページ | On Voice 第270回 だから戦争は絶対にやってはいけない »