« On Voice 第280回 「働く意欲を持て」と言われても | トップページ | On Voice 第282回 怠け者? 甘ったれ? »

2009年8月26日 (水)

On Voice 第281回 「ついてこられない人は置いていきます」社会

 古典的なマルクス主義では、資本主義になれば労働が分業化・単純化し、労働力の流動化が可能になり、よって労働市場が成り立つと考えられていたのだが。
 労働力は市場化したのだが労働自体は複雑化・高度化してしまい、高いスキルを持たないと労働者であることさえ難しくなった。
 人手不足と大量の失業者という極めて歪んだ社会が存続し得ている理由は、一番弱い者を切り捨てているから。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第281回

|

« On Voice 第280回 「働く意欲を持て」と言われても | トップページ | On Voice 第282回 怠け者? 甘ったれ? »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46015002

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第281回 「ついてこられない人は置いていきます」社会:

« On Voice 第280回 「働く意欲を持て」と言われても | トップページ | On Voice 第282回 怠け者? 甘ったれ? »