« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月23日 (水)

数日お休みします

どういう訳か(?)連休中の方が忙しかったりする…
と言うことで、2~3日更新はお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

On Voice 第308回 公務員優遇論は転倒している

 現場労働者が勤務時間中にシャワーを浴びることさえ非難されたことがあったが。
 健康管理や組合活動は労働者が生きるために必要だから行われる。それを禁じるのは生きる権利を否定しているのと同じ。本来それは民間企業にも当然認められるべきだ。
 人間は平等であり、そうであれば同一時間=同一賃金でなければならない。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第308回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

On Voice 第307回 勤務時間中の組合活動は問題か?

 自民党政権が標的にしていた裏専従問題。
 経営者は無制限に経済活動ができるのに、労働者の組合活動は強い制限を受るのか。
 根本的な問題は企業とは誰のものかということ。
 経済活動は本質的に公共のものである。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第307回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

On Voice 第306回 それでも足の引っ張り合いはするべきでない

 高級官僚の腐敗を見せつけられ、それを支えているものが労組であるとき、労組と公務員への不信は高まるわけだが。
 御用組合ばかりのさばる日本の労働運動は確かに歪んでいるが。
 しかしそれをすべてふまえた上でやはり労働者は団結していくしかない。
 安易に労組や公務員批判の尻馬に乗っていったら、いつか自分の首を絞めることに。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第306回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

On Voice 第305回 「労組色が強い」が否定的な共感を生む現状

 谷垣元財務相が鳩山新政権に感想。
 労働者を守るという役割を果たしてこなかった労働組合。
 旧民社党、旧社会党系の労組は下層労働者を切り捨ててきた。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第305回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

On Voice 第304回 新閣僚たちの真の実力はどこで見られるか

 鳩山内閣にはあまり民主党的な臭いがしない。
 看板はリベラルで良い感じだが、もしかしたら不当表示?
 死刑制度廃止論者がかなり多そうに見えるのだが。
 自民党のような数の力では無くいかにうまく論議を進められるか、お手並みを拝見しよう。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第304回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

On Voice 第303回 鳩山政権成立への「感慨」

 ひな壇に並んだ新閣僚が皆かたい顔だったのが印象的。
 ずっと昔、同じ戦線に立ったことのある菅、福島。弾圧側の首魁だった亀井。あれから30年たったのだねえ…
 今までの自民党内閣と違って官僚からのレクチャーを受けず、直後の新大臣会見も無い。
 当たり前のことが当たり前でなかったことを改めて感じた。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第303回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

On Voice 第302回 写真が撮りづらい

 中古でデジタル一眼レフカメラを買ったのだが。
 ごく普通に目の前にあって見ることのできる事物を、記録することだけは禁じらるという違和感。
 なんでも見たり聞いたりできる世の中になってきたような気になっているけれど…

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第302回


* ま、そんなこんなで、静物写真を撮ってみた
09091302b
09091301b
ちなみに写っている小物はグラス、眼鏡、コースター、造花(果)、カゴなど、全部ダイソーの百均

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

On Voice 第301回 宇宙の大きさを調べてみようと思ったが

 ただいま木星が接近中です。
 僕の持っている玩具のような天体望遠鏡でも四つのガリレオ衛星が見える。
 宇宙の年齢を推定できるのに対して、宇宙の大きさはよくわからないらしい。
 僕らの常識から考えると時間を認識する方が空間の認識より難しいような気がするが、宇宙ではその逆。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第301回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

On Voice 第300回 あなたが本当に求める社会を作るためには

 田中角栄の思想と手法を引き継いだ民主党。もちろんいま直接的に現金で権力を買おうとしているわけではないが。
 地元の利益確保を公約に掲げて多数の票を獲得していこうとすれば、それはまさに自民党的政治。
 それにしても結局一番悪いのは騙される有権者だ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第300回


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

On Voice 第299回 打ち砕かれた幻想の民主主義

 田中角栄が戦後日本の自由と民主主義を数は力=数の暴力として定義づけた。
 どんな手段で集めた一票でも一票は一票という思想。
 政治を実業としてとらえ現金を政治に投資し巨大な利権を手中に、そして権力を不動のものにした

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第299回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

On Voice 第298回 小沢一郎のルーツ

 父はひどく田中角栄を嫌っていた。
 危険なクルマ社会を作った元凶。
 経済発展は人命軽視の上に築かれた。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第298回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

On Voice 第297回 選挙直後から握手戦術の小沢ガールズたち

 民主党の基盤的な支持者も、むしろ社会主義的指向を持つ人が多いのではないか。
 今回の圧勝は小沢戦略の勝利と言うが。
 握手して回ることが政治活動なのか?

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第297回

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

On Voice 第296回 下層と政権交代

 もっとも、社会の底辺に生きる人達が自分が浮き上がることのできる「変革」を求めることはあるわけのだが。
 民主党圧勝は国民の総意とは言えない。
 というより二大政党制自体が実は民意に沿っていないのでは。
 象徴的なネット右翼の反応。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第296回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

On Voice 第295回 自民党支持層は資本主義を求めていたのか?

 農家や医師、郵便局長たちは自由競争をしたかったのではない。既得権益を安定的に守ることを望んだのだ。
 実は普通の庶民が求めているのも安定した社会。それは競争社会の対極にある。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第295回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

On Voice 第294回 民主党を勝たせたのは誰か?

 民主党は自民党と同じイデオロギーを持つ第二の政党を目指して作られた。
 基本票は自民も民主もほぼ同じらしい。
 政権交代は都市部における7~800万票の中間層が民主を選んだ結果。
 その人たちは「健全な資本主義」を望んでいる層なのだろうが。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第294回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

On Voice 第293回 自民党は健全野党になるべし論

 マスコミは民主党の話題で一杯だが。
 二大政党制は資本主義=自由主義の延命策でしかない。
 冷戦期は反共という点で保守層が自民党に一極集中できた。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第293回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

On Voice 第292回 3000年の宇宙に4分の人間

 映画『ゴジラ』の中でゴジラの発生を200万年前に設定した理由は?
 二ヶ月後(笑)、太陽が赤色巨星化したとき地球上の生物は全滅。
 もちろん人類が地球を壊したり、地上の全生命を抹殺することは不可能だが。
 わずか瞬きの間に人類があまりにも強大な力を手に入れてしまったことについて、落ち着いて考えてみなくてはいけない。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第292回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

On Voice 第291回 引き続き一億年を一日で換算

 ヒト属は200万年つまり29分前で、ホモ・サピエンスの分化が30万年前ということは、この番組一本分の長さ。
 文明の長さは4秒、産業革命からはまさに瞬きの間。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第291回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

On Voice 第290回 宇宙はまだ赤ん坊だが地球はもう壮年

 宇宙の年齢は137億年。一億年を一日に置き換えると約5ヶ月半。
 地球と太陽は46億年前に誕生。1ヶ月半前に生まれ、あと1~2ヶ月の命?
 生命の起源は約40億年前。生物の歴史は案外長い。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第290回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

On Voice 第289回 突然ながら宇宙の年齢について考えてみる(笑)

 面倒なことは置いておいて、一般的に言われるビッグバン宇宙論の中で我々の一般的な時間感覚で考える。
 ただし、現在のパラダイムもいつかひっくり返されてしまうのだろうが。
 宇宙の寿命は一兆年から百兆年!…なんだそうだ。
 よくわからないので、一億年を一日に置き換えてみよう。そうすると約30年から3000年ということに…(汗)

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第289回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

On Voice 第288回 最も重要な観点を欠いた日本人の政治選択

 社共を支持しているわけではないが…
 目の前の自分の生活は重要な問題だが、本当に必要な視点は1000年、10000年先まで人類が生き残れる選択をすること。今の人類はそれを左右するだけの力を持ってしまったのだ。
 今まで以上に暮らしが良くなるというのはどういう意味なのか、誰かが言わなくてはならないはずなのに。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第288回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

On Voice 第287回 有権者をバカにしていた各党の選挙スローガン

 「まず政権交代」っていうのはやっぱり変。
 今までは政治の方向を決めるのは国民ではなかった? 本当に志のある政治家なら有権者の責任をこそ問うべきだ。
 僕は実は今回はわざわざ投票所まで行って白票を入れた。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第287回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »