« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

On Voice 第331回 円楽死す

 江戸落語の粋な芸風を体現するかのような逝き方だった。
 目が笑っていない厳しい雰囲気の人だったそうだが。
 キャッチフレーズの「星の王子さま」のおかげで、なかなか読めなかった本。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第331回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

On Voice 第330回 で、『タビと道づれ』だが…

 どういうイントネーションで読めばよい?『タビと道づれ』たなかのか
 カバーの絵がすばらしい。
 むしろストーリーをあえて省いて、絵だけで描いた方がおもしろいかも。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第330回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

On Voice 第329回 『星守る犬』を読む

 村上たかし『星守る犬』は泣ける話だが、でもその何処に泣けるかというと…
 登場人物はみんな自分の好きなことをして生きていて、他人と自分とを共同体と考えてそれを全うするのは犬だけ。人間が失ってしまった人間性を犬の中に発見するという逆説。
 それにしても「星守る犬」という成語は、本当に存在するのか?

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第329回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

On Voice 第328回 『とろける鉄工所』第3巻が出た

 3冊目だが、やっぱりおもしろい。
 町工場のいろいろな機械を扱う職人の話まで広げたら、永遠に続けられるんじゃないだろうか。
 父を思い出す、眼鏡のエピソード。
 一応、押切蓮介の『マサシ!!うしろだ!!』も読んでみたのだけれど。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第328回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

On Voice 第327回 山道を登って考えた

 先日、東京の高尾山に行ってきました。
 あぶなくバテの神様に取り憑かれるところで。
 下り道では昔のヒザ痛が再発。
 年をとるっていうことは…

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第327回

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

On Voice 第326回 ドラマ『深夜食堂』

 テレビも秋の番組改編で。
 今回のイチオシは『深夜食堂』
 何が面白いのか伝えるのはちょっと難しい。
 ストーリーは801?!

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第326回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

On Voice 第325回 ウヨクと右翼(10)~腐ったエセ・ウヨクの口車にだけは乗るな!

 たしかに「平等」には人間を越えた権威が必要だが。
 資本主義を日本に導入するためにこそ作られた皇国史観と国家神道。
 まさにウヨクには建前に隠された本心がある。つまり、近代的な自己の欲望を実現するために、前近代的な飾りをつけているだけ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第325回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

On Voice 第324回 ウヨクと右翼(9)~本当は自分の言ってることを信じてないのでは?

 本音を隠すために民族主義という大儀の衣をまとっているのかもという疑惑。
 結局は自分だけが良い思いをしたいというのが本心じゃないの。だから平等主義では困るのだ。
 本来的な右翼は反資本主義であるはず。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第324回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

On Voice 第323回 ウヨクと右翼(8)~「客観的に正しい」ことなど存在しない

 自らを宗教とは名乗れないウヨク。しかし実はそれはマルクス主義者も同じ。
 しかし、ウヨクは本当に自分の矛盾に気づいていないのだろうか?

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第323回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

On Voice 第322回 ウヨクと右翼(7)~まるで駄々っ子…

 本来の伝統的な多神教である日本の神道と、「天皇教」である国家神道は別の思想のような気もするが。
 右翼の主張が宗教的な主張であるとすれば、右翼が求めるのは本当は宗教的自由=思想・信条・信仰の自由であるはず。そして、それを従来から強く訴えてきたのは実は左翼勢力だった。
 つまり右翼(ウヨク)は論理性・道理を欠いていて幼児的に見える。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第322回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

On Voice 第321回の2 番組を始めて1年になりました(下)

 加藤和彦さんの死。
 やるべきことが無いということ。
 時間の流れはあいまいだ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第321-2回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第321回の1 番組を始めて1年になりました(上)

 時の経つのが速すぎる!
 薄い人生なんだなぁ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第321-1回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

On Voice 第320回 ウヨクと右翼(6)~ますます解らん!ウヨクの考え

 ウヨクは「押しつけ憲法」に反対なのか。すると、「押しつけ」てきたアメリカに反発しているのか? むしろ日米の一体化を求めているように見えるが…
 皇国史観を主張しているのか。しかしそれは非科学的。当然ひとつの宗教的信念としてしか主張し得ないはず。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第320回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

On Voice 第319回 ウヨクと右翼(5)~ああ解らない!右翼(ウヨク?)の考え

 戦争をすることが真の平和だと言う矛盾。
 民主党と社民党が連携することを非常に恐れている人。
 社民党は象徴天皇制を擁護する立場。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第319回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

On Voice 第318回 ウヨクと右翼(4)~いずれにせよ陰謀論はダメだな

 陰謀論には論理性も説得力もない。
 「陰謀」を自分の主義主張のベースに据えてしまうと、うさんくさく、薄っぺらいものになってしまう。
 もっとも、人の思想の根底にある確信は本質的には直感的に得られるもの。
 宗教的信念は良いと思うが、それなら堂々そう言った方がよい。それこそが理念・理想と呼ばれるものだからである。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第318回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

On Voice 第317回 ウヨクと右翼(3)~街宣右翼を敵と見なすウヨクは何者?

 旧来の右翼とは違うが、しかし洗練された近代的ナショナリストとも思えない。
 今回の選挙で民主党を勝利に導いたのは左派・左翼ではなく都市中間層=健全な資本主義を求める穏健な新しい保守。
 ネトウヨに通じる? ようするに思想や文化を問題にする右翼ではなく、自分の利害だけを考えている身勝手な奴ら。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第317回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

On Voice 第316回 ウヨクと右翼(2)~不思議な分析で一杯の「ウヨク」ビラ

 労組は確かに民主党を支えるひとつの力ではあるが…
 なぜか暴力団や街宣右翼、サラ金、パチンコ業界の名前も挙げられていて。
 しかし、社共については一切触れず(国会に議席を持っているから民主党に対立する政党と位置づけてるのかなあ-むちゃくちゃを書いている割に細かいところで律儀)。
 びっくり仰天の「右翼」分析。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第316回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

On Voice 第315回 ウヨクと右翼(1)~リンクをたどっていくと

 このブログに書き込みをするのはエキセントリックな人だけ?
 なかなか興味深い『民主党の支持(関係)団体』なる相関図。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第315回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

On Voice 第314回 自民党三題

 中川氏の死。「泥酔会見」のときは本当に体調が悪かったのか…と誰からも言われない不幸。
 新しいポスターはセンスが悪い。時流を読む目が曇り気味の小池さんを象徴しているか。
 遊説局長代理に小泉、小渕のダブル・ジュニア。あれだけの世襲批判にまだ懲りない自民党。やはりひと味違う純一郎。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第314回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

On Voice 第313回 あえてオバマへの平和賞を評価する

 中東と合衆国では評判が悪い。喜んでいるのは日本人だけ? 本人も欲しくなかったかも。
 実はノーベル平和賞授与という表層とは逆に、政治的な圧力なのでは。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第313回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

On Voice 第312回 お祭り-まつりごと-政治

 最後の最後になってオリンピック誘致運動を取り巻く雰囲気になんとなく変化が。
 それはやはり政権交代の影響?
 国家元首が乗り出してきて国家間対立の様相を呈した招致合戦。
 皆んなお祭り=政治が大好きなのか。
 デモ出発のかけ声も「わっしょい」

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第312回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

On Voice 第311回 石原慎太郎の決意はどれほどのものだったか

 なぜ今オリンピックを誘致?
 自らの理念に従って命がけで東京オリンピックを実現させようとした嘉納治五郎。
 都知事選挙の飾りに過ぎなかったような軽さを感じてしまう。
 そのために使われた無駄金は150億円…

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第311回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

On Voice 第310回 オリンピックがリオに決定

 東京に決まったとしても皆んなあんなに喜んだか?
 オリンピックのためにはベストの結果だった。
 経済効果と言うけれど、カネをかけないことを売り物にした東京の計画では効果は薄かったはず。
 石原都知事が「環境保護」を叫ばざるを得なくなっことや、民主党に頭を下げる格好になったことは、日本の政治にとってはベターだったのでは。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第310回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

On Voice 第309回 だいぶ長い休暇を取ってしまいました

 更新がずいぶん滞ってしまい、すみませんでした。
 一度くずれた生活のリズムを立て直すのはけっこう大変。
 今後も気まま気楽にやっていきます。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第309回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »