« On Voice 第336回 南田洋子最後の日々を写したドキュメンタリー | トップページ | On Voice 第338回 普通でいい人ばかりに見える現代の師匠連 »

2009年11月 6日 (金)

On Voice 第337回 長門浩之の人間くささを随所に見せた迫真のドキュメンタリー

 南田洋子が一時的に回復した原因のひとつに撮影クルーのカメラの存在があったのかもしれない。
 パジャマ姿で納棺された理由は…
 とは言え、俳優夫婦の姿はどこか演技のような感じもさせて、虚実というテーマでも興味深い。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第337回

|

« On Voice 第336回 南田洋子最後の日々を写したドキュメンタリー | トップページ | On Voice 第338回 普通でいい人ばかりに見える現代の師匠連 »

on voice 映画・テレビ・演劇・演芸・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46680717

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第337回 長門浩之の人間くささを随所に見せた迫真のドキュメンタリー:

« On Voice 第336回 南田洋子最後の日々を写したドキュメンタリー | トップページ | On Voice 第338回 普通でいい人ばかりに見える現代の師匠連 »