« On Voice 第344回 天皇在位20周年式典 | トップページ | On Voice 第346回 国民が一番期待していたのは天下り問題だったのでは? »

2009年11月14日 (土)

On Voice 第345回 現天皇に対する複雑な思い

 ぼくは反天皇制・反天皇主義者だが、現在の天皇・皇后のことを人間としては尊敬する。
 かつて、スターリン主義の延命を図る人物とされたゴルバチョフに対しても、実は立派な共産主義者なのではないかと思ったのだった。
 皮肉なことだが、今の日本でこれだけストレートに反戦・平和を主張している人がどれだけいるだろうか。
 もちろん本人が心の底で何を思っているかはわからないが、しかし真面目にやっていることが自ずとかいま見えているように感じる。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第345回

|

« On Voice 第344回 天皇在位20周年式典 | トップページ | On Voice 第346回 国民が一番期待していたのは天下り問題だったのでは? »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46754416

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第345回 現天皇に対する複雑な思い:

« On Voice 第344回 天皇在位20周年式典 | トップページ | On Voice 第346回 国民が一番期待していたのは天下り問題だったのでは? »