« On Voice 第352回 「家族が大事」は、失われるものへ郷愁? | トップページ | On Voice 第354回 「私」を守るのは誰か »

2009年11月22日 (日)

On Voice 第353回 家族の幻想と現実

 マスコミが垂れ流す「家族幻想」とのギャップから現実の家族への幻滅が生まれ、それが家庭内犯罪の増加につながるという説。
 コミュニティの力が強かった昔の社会。自分を守ってくれると同時に束縛でもあった。
 良くも悪くも個人が規制から外れようとする時代が、家族から個族へと言う流れを呼んだ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第353回

|

« On Voice 第352回 「家族が大事」は、失われるものへ郷愁? | トップページ | On Voice 第354回 「私」を守るのは誰か »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46823809

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第353回 家族の幻想と現実:

« On Voice 第352回 「家族が大事」は、失われるものへ郷愁? | トップページ | On Voice 第354回 「私」を守るのは誰か »