« On Voice 第360回 JAL OBの年金削減は全国民の所得平等化の脈絡の中で | トップページ | On Voice 第362回の1 「訳あり商品」からベルリンの壁崩壊を思う(上) »

2009年11月30日 (月)

On Voice 第361回 恵まれた時代の青年が恵まれない時代の青年を生んだ

 就職の時に暗かった平野啓一郎。
 もっとも社会に対する不満は必ずしも悪いことではない。
 70~80年代にあえて「良い暮らし」を捨てた若者も。
 もちろん我々の世代が今のひどい世の中を作ってしまったのだが。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第361回

|

« On Voice 第360回 JAL OBの年金削減は全国民の所得平等化の脈絡の中で | トップページ | On Voice 第362回の1 「訳あり商品」からベルリンの壁崩壊を思う(上) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46884577

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第361回 恵まれた時代の青年が恵まれない時代の青年を生んだ:

« On Voice 第360回 JAL OBの年金削減は全国民の所得平等化の脈絡の中で | トップページ | On Voice 第362回の1 「訳あり商品」からベルリンの壁崩壊を思う(上) »