« On Voice 第363回 捕鯨問題から考える(1)~新しい大絶滅期 | トップページ | On Voice 第365回 捕鯨問題から考える(3)~とは言え伝統的捕鯨は文化だから »

2009年12月 3日 (木)

On Voice 第364回 捕鯨問題から考える(2)~生物による環境変化は珍しくないとしても

 人間が他の生物を殺すのは宿命だが、産業革命以前はおおむね地球環境に対してほどよいペースだったのでは。
 アレルギーが蔓延する現代。ヒトが環境に適応できなくなっているのか、環境がヒトの生存に適さなくなってきたのか。
 ヒト自身が生きていける環境を維持していける範囲でなければ人類は滅びるしかない。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第364回

|

« On Voice 第363回 捕鯨問題から考える(1)~新しい大絶滅期 | トップページ | On Voice 第365回 捕鯨問題から考える(3)~とは言え伝統的捕鯨は文化だから »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46915831

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第364回 捕鯨問題から考える(2)~生物による環境変化は珍しくないとしても:

« On Voice 第363回 捕鯨問題から考える(1)~新しい大絶滅期 | トップページ | On Voice 第365回 捕鯨問題から考える(3)~とは言え伝統的捕鯨は文化だから »