« On Voice 第364回 捕鯨問題から考える(2)~生物による環境変化は珍しくないとしても | トップページ | On Voice 第366回 捕鯨問題から考える(4)~アフリカの密猟と大規模商業捕鯨 »

2009年12月 4日 (金)

On Voice 第365回 捕鯨問題から考える(3)~とは言え伝統的捕鯨は文化だから

 今どうしても鯨を捕らないと人類が生きていけないわけでもないだろう。
 鯨によって水産資源が枯渇するというひどい俗説。
 大量捕獲・大量消費の資本主義的捕鯨をやめて、逆に伝統的捕鯨だけ守れ。
 捕鯨文化を守りたいなら、むしろオープンにして重要性をアピールすべき。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第365回

|

« On Voice 第364回 捕鯨問題から考える(2)~生物による環境変化は珍しくないとしても | トップページ | On Voice 第366回 捕鯨問題から考える(4)~アフリカの密猟と大規模商業捕鯨 »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46923621

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第365回 捕鯨問題から考える(3)~とは言え伝統的捕鯨は文化だから :

« On Voice 第364回 捕鯨問題から考える(2)~生物による環境変化は珍しくないとしても | トップページ | On Voice 第366回 捕鯨問題から考える(4)~アフリカの密猟と大規模商業捕鯨 »