« On Voice 第366回 捕鯨問題から考える(4)~アフリカの密猟と大規模商業捕鯨 | トップページ | NEKURA JUNK BOX 「Walking with The Straw Hat」 »

2009年12月 6日 (日)

On Voice 第367回 捕鯨問題から考える(5)~鯨とヒトとガイア

 ヒトの数が多すぎる。数が減っても人類が生き残っていけるすべを考えるのが叡智というものなのでは。
 一昔前までは人口爆発に対してもっと真剣に考えられていたのに、少子化時代がやってきて議論は下火。
 自分に不利な問題は見えなくなってしまう人類。まだ幼児期を脱していない?
 実は、地球環境に重大な負荷を与えるものをガイアがコントロールしているのかも。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第367回

|

« On Voice 第366回 捕鯨問題から考える(4)~アフリカの密猟と大規模商業捕鯨 | トップページ | NEKURA JUNK BOX 「Walking with The Straw Hat」 »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/46932029

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第367回 捕鯨問題から考える(5)~鯨とヒトとガイア:

« On Voice 第366回 捕鯨問題から考える(4)~アフリカの密猟と大規模商業捕鯨 | トップページ | NEKURA JUNK BOX 「Walking with The Straw Hat」 »