« On Voice 第395回 PCは手直して使うより買った方が安い | トップページ | On Voice 第397回 サボートできないOSはせめてオープンソースに »

2010年4月 3日 (土)

On Voice 第396回 使えないよ~Windows7 64bit版

 重たいだけでなくドライバが無く大量に使えない周辺機器が。
 OSが進化して使いやすくなると言うけれど、本当は逆にどんどんストレスが増える。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第396回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0396.mp3

~使用させていただいた楽曲~
坂の上02▼音楽工房@FUZZ BERRY
 for FuzzBerry音楽工房
「癒しのピアノ」より中北音楽研究所
クレジットした楽曲には著作権が存在します

|

« On Voice 第395回 PCは手直して使うより買った方が安い | トップページ | On Voice 第397回 サボートできないOSはせめてオープンソースに »

on voice パソコン・インターネット」カテゴリの記事

on voice 自分のこと・当ブログのことなど」カテゴリの記事

コメント

OS運が悪いというかMS-DOSから始めて、Macに宗旨替えするも、OS9~Xでしくじり、Windows95の中古に転向し、98に変えることなくWindowsMEのリリースを待って飛びつき、すぐにXPへアップグレードさせられ、買い換えの時期にVistaの登場で、何の疑いもなく決定した直後、「7」が出現してトホホ状態に陥っておりました。自分も「7」はVistaに比べて軽いと洗脳されていたのでアップグレードを考えていましたが、実は重くてドライバ不足と聞いて、しばらくはVistaで我慢していこうと思いました。本当にためになる番組だなあ!(ヨイショっと)
 どんどん使い勝手が悪くなっていくという実感は確かにありますね。不正使用への対策という側面もあると思いますが、要はユーザーの利便性よりも、寡占化を目指す企業の姿勢の現れではないでしょうか。
 こないだたまたま見た映画『サベイランス/監視』は、ビル・ゲイツもどきのカリスマ社長に取り込まれそうになる天才SEのお話でしたがそういう企業の理念というものがうまく描かれていました。

投稿: 平柳益実 | 2010年4月 3日 (土) 15時46分

コメントありがとうございます。

番組を再開したのですが、編集に時間をかけなかったので、緊張感が薄らいでる感じがします。
前のやり方だと切りに切ってテーマをむりやり押し込めたのですが、今は無茶苦茶なところで途切れて次ぎの回という具合になってます。
ちなみに、編集(というのは「切る」と同義語だと思いますが)すればするほど文章も番組もおもしろくなるはず、というのが僕の持論です。

ところでOSですが、僕の場合2000→XP→7なので番組のような状況ですが、7はVistaの改良版のようなOSなので、Vistaから乗り換える人には「良い」ということになっているようです。もちろんVistaを使っていないので真偽のほどはわかりませんが。

そういえば、このところ全く新しい映画は見ていないのですが、今日はDVDで映画版の「銀河ヒッチハイクガイド」を見ました。
こう言うとなんですけど、駄作だと思いました。ほとんどすべての点で80年のテレビ版を下回っています。
この話題はできれば番組で取り上げたいけど、どうなるかは未定です。

投稿: 柳川龍太郎(仮名) | 2010年4月 3日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/47965024

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第396回 使えないよ~Windows7 64bit版:

« On Voice 第395回 PCは手直して使うより買った方が安い | トップページ | On Voice 第397回 サボートできないOSはせめてオープンソースに »