« On Voice 第426回 何かを守ろうとした鳩山さん | トップページ | On Voice 第428回 民主党に決別する時が来た »

2010年5月 4日 (火)

On Voice 第427回 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

 小泉氏には何か信念と捨て身の覚悟を感じさせるものがあった。
 だから人気があったのだが、それがまた日本の悲劇だったわけで。
 鳩山氏にマッチョなスタイルは求めない。優柔不断でも愚かでも良いのだけれど。
 覚悟を示すタイミングは今までにもあったはずだが。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第427回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0427.mp3

~使用させていただいた楽曲~
坂の上02▼音楽工房@FUZZ BERRY
 for FuzzBerry音楽工房
刹那▼tiger
 for FREE MUSIC
クレジットした楽曲には著作権が存在します

|

« On Voice 第426回 何かを守ろうとした鳩山さん | トップページ | On Voice 第428回 民主党に決別する時が来た »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48231170

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第427回 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ:

« On Voice 第426回 何かを守ろうとした鳩山さん | トップページ | On Voice 第428回 民主党に決別する時が来た »