« On Voice 第432回 マンガ規制を考える(2)~本当の当事者は関わっていない | トップページ | On Voice 第434回 マンガ規制を考える(4)~利便性と自由な生き方の追求が情報伝達を変えた »

2010年5月10日 (月)

On Voice 第433回 マンガ規制を考える(3)~文化の継承と発展という普遍的問題

 規制に反対する人の中にも微妙な差異があるのでは。
 自分の作品をポルノ扱いされたくないプライドから怒っているのならわかりやすいが。
 社会常識を逸脱するものも子供に与えるべきだと考える「確信犯的」作者。
 引き継いだものの中から、それを否定して新しい発展が実現するわけだが。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第433回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0433.mp3

~使用させていただいた楽曲~
坂の上02▼音楽工房@FUZZ BERRY
 for FuzzBerry音楽工房
クレジットした楽曲には著作権が存在します

|

« On Voice 第432回 マンガ規制を考える(2)~本当の当事者は関わっていない | トップページ | On Voice 第434回 マンガ規制を考える(4)~利便性と自由な生き方の追求が情報伝達を変えた »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48318081

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第433回 マンガ規制を考える(3)~文化の継承と発展という普遍的問題:

« On Voice 第432回 マンガ規制を考える(2)~本当の当事者は関わっていない | トップページ | On Voice 第434回 マンガ規制を考える(4)~利便性と自由な生き方の追求が情報伝達を変えた »