« On Voice 第474回 安保と大衆運動(2)~大嶽寄稿文への疑問 | トップページ | On Voice 第476回 安保と大衆運動(4)~課題化しない安保にこそ秘密の鍵がある »

2010年6月22日 (火)

On Voice 第475回 安保と大衆運動(3)~大衆運動の背景には宗教的情熱が

 日本の極端な「私事化」の背景にある宗教的特殊性。
 左翼的思考は宗教を全否定するが、しかしマルクス主義自身が一つの宗教なのだ。
 人々の行動の規範にならない世界的にも特殊な「日本教」
 それが資本主義成立の過程の違いを生み、労働組合の特権化または孤立化を招いた。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第475回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0475.mp3

テーマ曲:大海原にヨット by 中北音楽研究所

|

« On Voice 第474回 安保と大衆運動(2)~大嶽寄稿文への疑問 | トップページ | On Voice 第476回 安保と大衆運動(4)~課題化しない安保にこそ秘密の鍵がある »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48688895

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第475回 安保と大衆運動(3)~大衆運動の背景には宗教的情熱が:

« On Voice 第474回 安保と大衆運動(2)~大嶽寄稿文への疑問 | トップページ | On Voice 第476回 安保と大衆運動(4)~課題化しない安保にこそ秘密の鍵がある »