« On Voice 第478回 安保と大衆運動(6)~安保は天皇制に似ている | トップページ | On Voice 第480回 安保と大衆運動(8)~近代主義を求めているわけではなく »

2010年6月26日 (土)

On Voice 第479回 安保と大衆運動(7)~欽定憲法しかなかった国(々)

 憲法は国家の最高の規範であるが、必ずしも民主的に決められるものではない。
 日本人にとって憲法は「おかみ」から降りてくるもので、これに逆らうことは反社会的なこと。
 日本国憲法を否定するつもりはないが、しかしやはりこれは民衆が作ったものではない。
 ロシア、中国、北朝鮮。近代的個人も資本主義も発展していなかった国でマルクス主義革命が成功してしまった悲劇。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第479回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0479.mp3

テーマ曲:大海原にヨット by 中北音楽研究所

|

« On Voice 第478回 安保と大衆運動(6)~安保は天皇制に似ている | トップページ | On Voice 第480回 安保と大衆運動(8)~近代主義を求めているわけではなく »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48719838

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第479回 安保と大衆運動(7)~欽定憲法しかなかった国(々):

« On Voice 第478回 安保と大衆運動(6)~安保は天皇制に似ている | トップページ | On Voice 第480回 安保と大衆運動(8)~近代主義を求めているわけではなく »