« On Voice 第486回 知的生命体と人類(2)~人々は宇宙に「人間」を求める | トップページ | On Voice 第488回 知的生命体と人類(4)~そんなことじゃ友達は出来ないよ、人類 »

2010年7月 4日 (日)

On Voice 第487回 知的生命体と人類(3)~何をもって「知的」というのか?

 地上にいる知的生命体で一番わかりやすいのは、やはり類人猿。
 人間の言葉を習得して自由に操るココ、アイ、カンジなどの皆さん。
 タコだって非常に頭がよいと言われているのだが…
 ともかくも言語を持っているかどうかが、知的であるかどうかの判断基準になっているわけで。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第487回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0487.mp3

|

« On Voice 第486回 知的生命体と人類(2)~人々は宇宙に「人間」を求める | トップページ | On Voice 第488回 知的生命体と人類(4)~そんなことじゃ友達は出来ないよ、人類 »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48789464

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第487回 知的生命体と人類(3)~何をもって「知的」というのか?:

« On Voice 第486回 知的生命体と人類(2)~人々は宇宙に「人間」を求める | トップページ | On Voice 第488回 知的生命体と人類(4)~そんなことじゃ友達は出来ないよ、人類 »