« On Voice 第491回 知的生命体と人類(7/13)~まして違う生物においてをや | トップページ | On Voice 第493回 知的生命体と人類(9/13)~人間絶対主義について »

2010年7月 9日 (金)

On Voice 第492回 知的生命体と人類(8/13)~科学とオカルトは紙一重

 あらかじめゴリラに知性があることを前提にしないと正しい答えは得られないが、しかしそれが学術的にパラダイムになっていないと、それは妄想と区別できなくなる。
 彼自身の知性の表れか、調教によって仕込まれた芸なのか。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第492回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0492.mp3

|

« On Voice 第491回 知的生命体と人類(7/13)~まして違う生物においてをや | トップページ | On Voice 第493回 知的生命体と人類(9/13)~人間絶対主義について »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48829412

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第492回 知的生命体と人類(8/13)~科学とオカルトは紙一重:

« On Voice 第491回 知的生命体と人類(7/13)~まして違う生物においてをや | トップページ | On Voice 第493回 知的生命体と人類(9/13)~人間絶対主義について »