« On Voice 第497回 知的生命体と人類(12/13)~拡大された「私」としての自然 | トップページ | On Voice 第499回 映画「THE COVE」を観る(上) »

2010年7月15日 (木)

On Voice 第498回 知的生命体と人類(13/13)~自分に都合の悪い話だとしても

 一神教が席巻した世界でもアニミズムは根強く残っていたのだが、近代人は「私」の範疇をどんどん狭め、自然から切り離されしまった。
 シベリアで発見されたデニソア人。人類だって一種類ではなかったわけで。
 必ずしも人類にとって面白い答えでなかったとしても、それこそ宇宙デビューの試金石なのでは。
 人間がゴリラに友好的にならなかったら、ゴリラが人間に友好的に接してくれることも期待できないのだ。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第498回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0498.mp3

|

« On Voice 第497回 知的生命体と人類(12/13)~拡大された「私」としての自然 | トップページ | On Voice 第499回 映画「THE COVE」を観る(上) »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48878208

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第498回 知的生命体と人類(13/13)~自分に都合の悪い話だとしても:

« On Voice 第497回 知的生命体と人類(12/13)~拡大された「私」としての自然 | トップページ | On Voice 第499回 映画「THE COVE」を観る(上) »