« On Voice 第506回 石飛徳樹氏の「ザ・コーヴ」評について(中) | トップページ | On Voice 第508回 こんな伝統文化は嫌だぁ~捕鯨編 »

2010年7月24日 (土)

On Voice 第507回 石飛徳樹氏の「ザ・コーヴ」評について(下)

 米国のドキュメンタリーはムーア監督に代表されるように「世界を単純化し、感情に訴える」と石飛氏。
 しかし、実は娯楽性で釣って内容を伝えようとしているのでは。
 残虐性やスパイ映画もどきのやり方は仕掛けでしかなく、本当のテーマは、日本の捕鯨に反対しつつイルカショーを楽しんでいる欧米人や、クジラやイルカで潤っているのにその実体を権力ぐるみで隠そうとする人々の欺瞞性。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第507回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0507.mp3

|

« On Voice 第506回 石飛徳樹氏の「ザ・コーヴ」評について(中) | トップページ | On Voice 第508回 こんな伝統文化は嫌だぁ~捕鯨編 »

on voice 映画・テレビ・演劇・演芸・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/48944673

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第507回 石飛徳樹氏の「ザ・コーヴ」評について(下):

« On Voice 第506回 石飛徳樹氏の「ザ・コーヴ」評について(中) | トップページ | On Voice 第508回 こんな伝統文化は嫌だぁ~捕鯨編 »