« On Voice 第559回 国民の不幸 | トップページ | On Voice 第561回 戒名の定額化は »

2010年9月18日 (土)

On Voice 第560回 裁判員制度は改善が必要

 「爪切り事件」も検察のえん罪なのか。
 取り調べの完全可視化が必要だが、裁判員への負担は大きい。
 関係者と直接的な利害関係がない限り、個人の思想信条によって裁判員が忌避されるのはおかしい。
 一審はプロが審理して二審の際に裁判員を参加させれば良いと思うのだが。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第560回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0560.mp3

|

« On Voice 第559回 国民の不幸 | トップページ | On Voice 第561回 戒名の定額化は »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/49476697

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第560回 裁判員制度は改善が必要:

« On Voice 第559回 国民の不幸 | トップページ | On Voice 第561回 戒名の定額化は »