« On Voice 第563回 季節の変わり目で | トップページ | On Voice 第565回 恐竜の「新」常識と科学性(上) »

2010年9月22日 (水)

On Voice 第564回 クレーマー社会に思う

 生活者は生産者でありかつ消費者であるのに、我々の社会は消費者とサービスする人(召使い)に分岐してしまった。
 最高のサービスを他者に求めるのは、自分自身に完全性を突きつける行為。
 資本主義的な社会的分業が、いまや人の人格を分裂させるものになってしまった。
 たしかに豊かでよい社会だが、果たしてこれが幸せなのだろうか

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第564回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0564.mp3

|

« On Voice 第563回 季節の変わり目で | トップページ | On Voice 第565回 恐竜の「新」常識と科学性(上) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/49522051

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第564回 クレーマー社会に思う:

« On Voice 第563回 季節の変わり目で | トップページ | On Voice 第565回 恐竜の「新」常識と科学性(上) »