« On Voice 第601回 小沢強制起訴についてもう少し(上) | トップページ | On Voice 第603回 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を考える(上) »

2010年11月 2日 (火)

On Voice 第602回 小沢強制起訴についてもう少し(下)

 「被告のための裁判」という憲法の原則とは真逆の「検察不敗の原則」
 起訴されることがもっと社会的に軽い意味にならなければ。
 逆に判決は重く厳密でなければならないのに、現実には判事は検察の下僕。
 しかし小沢サンが「どこの馬の骨ともしれない若造に最高権力者が弾劾される」ことに怒っているのだとしたら論外なわけで。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第602回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0602.mp3

|

« On Voice 第601回 小沢強制起訴についてもう少し(上) | トップページ | On Voice 第603回 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を考える(上) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/49893304

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第602回 小沢強制起訴についてもう少し(下):

« On Voice 第601回 小沢強制起訴についてもう少し(上) | トップページ | On Voice 第603回 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を考える(上) »