« On Voice 第630回 クリスマスと日本人の宗教観(2/3) | トップページ | On Voice 第632回 蚊とクマの不思議、ついでに五十肩 »

2010年12月23日 (木)

On Voice 第631回 クリスマスと日本人の宗教観(3/3)

 あらゆる宗教は全人類にとって「善」であるはずだという素朴な信念。
 そうした観念が日本人の平和憲法に対する崇敬の念の背景になっているのでは。
 それはすぐれた宗教であり、守るべき日本文化である。

柳川龍太郎(仮名)の
ネクラのみ来ん on voice 第631回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0631.mp3

|

« On Voice 第630回 クリスマスと日本人の宗教観(2/3) | トップページ | On Voice 第632回 蚊とクマの不思議、ついでに五十肩 »

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/50358106

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第631回 クリスマスと日本人の宗教観(3/3):

« On Voice 第630回 クリスマスと日本人の宗教観(2/3) | トップページ | On Voice 第632回 蚊とクマの不思議、ついでに五十肩 »