« On Voice 第645回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(1/4) | トップページ | On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4) »

2011年1月 7日 (金)

On Voice 第646回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(2/4)

 年末年始に通り魔事件が続発。
 テレビのコメンテーターは、このごろやっと「社会の病理」と言い始めたが。
 この10年間、自己責任論を振りかざして「個人の問題」と言い続けてきたマスコミ。
 「個人の問題」「個人の責任」を金科玉条にする社会は、本当に個人を大切にする社会なのか?

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第646回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0646.mp3

|

« On Voice 第645回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(1/4) | トップページ | On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/50509440

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第646回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(2/4):

« On Voice 第645回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(1/4) | トップページ | On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4) »