« On Voice 第646回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(2/4) | トップページ | On Voice 第648回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(4/4) »

2011年1月 8日 (土)

On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4)

 社会は本気で「通り魔事件」を防止しようとしていないのではないか?
 犯人をいくら社会から排除しても事件は絶対に無くならない。
 自分が虐げられてきたと思っている奴が自分より弱い者を標的にする。
 「俺は死刑で良いからお前を殺させろ」という歪んだ個人主義を生み出した現代日本。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第647回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0647.mp3

|

« On Voice 第646回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(2/4) | トップページ | On Voice 第648回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(4/4) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/50515858

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4):

« On Voice 第646回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(2/4) | トップページ | On Voice 第648回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(4/4) »