« On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4) | トップページ | On Voice 第649回 成人の日にこそ大人を考える »

2011年1月 9日 (日)

On Voice 第648回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(4/4)

 社会が変わらなくてはならない。それはつまり、あなたが、私が変わらなくてはならないということ。
 社会を純化すればするほど異端が生まれるという皮肉。
 変わることは苦痛だが、それを乗り越えて行かなくてはならない時が来ている。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第648回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0648.mp3

|

« On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4) | トップページ | On Voice 第649回 成人の日にこそ大人を考える »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/50524601

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第648回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(4/4):

« On Voice 第647回 善意も犯罪も個人の問題でよいのか?(3/4) | トップページ | On Voice 第649回 成人の日にこそ大人を考える »