« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

On Voice 第699回 しつこく国民の責任について考える(1/3)

 民主党に投票した人達は何の責任も取らず、今度は民主党離れを起こしている。
 しかし今、菅内閣を引きずり下ろして次に何を求めるのか。
 再び自民党政権が復活したら、さらにさらに悪いことになってしまう。今度は批判勢力がいないのだから。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第699回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0699.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

On Voice 第698回 日本という暴力国家(3/3)

 リビアのような国でさえ人々は立ち上がっているのに。
 もちろん背景には強烈な暴力的支配が隠されている。
 「おかみ」に逆らえば生活を奪われる結果に。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第698回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0698.mp3

*参考!サイト
・「祝島島民の会blog
  http://blog.shimabito.net/
・「やんばる東村 高江の現状
  http://takae.ti-da.net/
・「ブログ「旗旗」/空港会社が市東さん宅前の道路切り替え工事を強行
  http://bund.jp/modules/wordpress/?p=7611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

On Voice 第697回 日本という暴力国家(2/3)

 案外、日本は北朝鮮に似ているのかも。
 知らず知らずのうちに我々は思想統制を受けているのではないか。
 遅刻やズル休みをする人はいるが、労組に入ってストライキに参加する人はいない。酔って喧嘩する人はいても、デモに行く人がいない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第697回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0697.mp3

*参考!サイト
・「祝島島民の会blog
  http://blog.shimabito.net/
・「やんばる東村 高江の現状
  http://takae.ti-da.net/
・「ブログ「旗旗」/空港会社が市東さん宅前の道路切り替え工事を強行
  http://bund.jp/modules/wordpress/?p=7611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

On Voice 第696回 日本という暴力国家(1/3)

ニュージーランドの大地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます

 地震や中東情勢、民主党の内紛などに隠されて全く報道されない事件がいくつもある。
 山口県上関町の祝島や沖縄の高江、成田空港周辺の農家の道路を巡る問題など。
 リビアのような暴力支配のミニチュア版がこの日本でも今まさに行われているのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第696回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0696.mp3

*参考!サイト
・「祝島島民の会blog
  http://blog.shimabito.net/
・「やんばる東村 高江の現状
  http://takae.ti-da.net/
・「ブログ「旗旗」/空港会社が市東さん宅前の道路切り替え工事を強行
  http://bund.jp/modules/wordpress/?p=7611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

On Voice 第695回 調査捕鯨中止を歓迎する(4/4)

 クジラは人類がコミュニケーションをとるべき知的生命体である可能性がある。
 調査捕鯨への妨害は科学への冒涜? 商業捕鯨そのものだろ。百歩譲っても経済活動のための準備でしかない。
 金儲けのために地球の裏側まで行って大量の鯨を狩っているという本質を日本人だけが気づかない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第695回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0695.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

On Voice 第694回 調査捕鯨中止を歓迎する(3/4)

 鯨を大量に食べるようになったのは経済的理由。
 鯨が海洋資源を喰い尽くすという話もあるが。
 魚が足りなくなったのは人間の贅沢の結果でしかない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第694回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0694.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

On Voice 第693回 調査捕鯨中止を歓迎する(2/4)

 調査捕鯨中止で何が困るのか?
 日本全体で見たらそんなに需要があるわけではない。
 鯨食は一般的な日本の食文化とは言えないのでは。
 鯨に最大の感謝と敬意を持っていた昔の日本人。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第693回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0693.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

On Voice 第692回 調査捕鯨中止を歓迎する(1/4)

 テロに屈するなと言う評論家も多いが。
 乗組員の安全を考えれば当然の判断。
 それにしてもシー・シェパードの行動はテロなのか?
 本質に迫るために「言葉」というのは重要なのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第692回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0692.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

プラモ・レア箱絵シリーズ「スペース1999・イーグル」

110219

 おそらく知っている人はあまりいないと思う1970年代後期の海外SFドラマ「スペース1999」に出てきた宇宙船(の一種)
 キットはイマイ科学の「イーグル1(ワン) SPACE:1999 IMAI PLASTIC MODEL KIT SPACE SCIENCE SERIES」で、1970年代末ころの製品だったと思います。

 このドラマは「サンダーバード」や「謎の円盤UFO」などで有名なイギリスのジェリー・アンダーソンが製作したもので、月が地球軌道から外れ月面基地にいた人々が月とともに宇宙を漂流するという、まあ宇宙のひょっこりひょうたん島みたいな(全然違うけど)お話でした。
 本格宇宙SFではあるのですが、これがまたすっごく地味。路線を変えて派手派手にした第二シーズンがあるらしいけど、それが放送された時には、ぼくはもう左翼活動でいっぱいいっぱいの時で、とてもテレビを見ている余裕なんかありませんでした。

 このイーグルというのは、月面基地で使われている輸送機で、中央部の四角い箱がコンテナになっています。このコンテナは取り外しが可能で、サンダーバード2号のように必要なコンテナを付け替えて運ぶことが出来る設定です。たぶんこういう四角い形ばかりではなく、いろいろなバリエーションがあったような気がします。
 ただ、この箱絵にあるような赤白のラインが入ったタイプが出てきかどうか、ぼくには憶えがありません。もちろん当時のうちのテレビは当然白黒でしたけど。

 しかしこのデザインは素晴らしいと思いませんか。
 操縦席の窓はあきらかにアポロの月着陸船のデザインへのオマージュですが、何のひねりもないぶっきらぼうな左右上下対称のシンプルさ。
 先に触れたコンテナもただの四角い箱だし、エンジン・ブースターもみんな同じ形で対称的な配列。むき出しの幾何学的な構造フレーム。白一色の塗装。
 まさに実用一点ぱり、質実剛健、メンテナンスもやりやすそうなこのデザインこそ、お話は非現実的だが画面はリアルに見せようというデザイナーの執念に似たこだわりの結果なのです。
 しかもこれだけ華の無いパーツの組み合わせが、昆虫とも鳥とも魚とも思わせるスマートで優美な全体像としてまとめられているのです。
 まさに傑作と言って良いと思います。

 「しかも」と言うか、「ところが」と言うか、このイマイ科学のプラモデル、なんとまたしてもゼンマイ走行なのです! 箱側面のイラストを注意深く見ていただければ、コンテナの下にちょこっとタイヤが書かれているのがわかると思います。
 その上、部品素材の色はコンテナとフレームは白でしたが、それ以外は赤!! 何にもしないで組み立てれば、紅白のど派手なイーグルがゼンマイでコトコト走るということになるのです。
 さらに不思議なギミックとして、コンテナ部ばかりではなくコクピット部とエンジン部も取り外し可能な構造になっていて、ゼンマイとタイヤが組み込まれているコンテナを本体から外し、それに直接コクピットとエンジンを付けて走らせることが出来るという、意味不明の機能もありました。
 まあいずれも、実際のスケールモデルでは子供向けとしてはあまりにも面白くないと思ったメーカー側が考えた妙案だったのでしょうが。

 ぼくとしては出来る限りリアルに作ろうと思って改造と塗装をやったのですが、他人様に見せるのが恥ずかしいような出来になってしまいました。機会があれば、そのうち紹介することがあるかなぁないかなぁ…

 なお、今回この記事を書くに当たって調べてみたら、イマイのイーグルには(箱絵を見る限り)別バージョンが少なくとも他に2種類存在するようです。
 ひとつは、基本的なデザインはぼくが持っている箱と同じですが、1/110とスケールが明記されているので、ゼンマイをはずしてスケールモデルに改作したものでしょうか。
 もうひとつは表記が全て英語のように見えるので輸出用なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第691回 もはやSFではない監視社会

 不思議な「目黒老夫婦殺傷事件」
 この事件から感じるひとつの恐怖とは。
 大阪地検特捜部のでっち上げ事件と重ね合わせると…

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第691回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0691.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

On Voice 第690回 分裂の方がすっきりする

 民主党一年生議員の造反。
 わかりづらい「会派だけ離脱」だが…
 もはや二大政党制の時代ではない。
 それにしてもベテランはどうしたの?

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第690回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0690.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

On Voice 第689回 責任を取るべき者が責任を取れるシステムを

 政治家は国民の声を聞き、かつ責任を取ってくれる存在だと思ってきたが。
 民主主義国家においては責任を負うのは有権者の方。政治家は集票に走らず自分の意見を正面から表明して行動すべし。
 現在のインターネット状況は、誰かに全てを丸投げするだけで、民主主義の手段としては適切とは言えない。
 本当の意味で国民が「自治」に参加できていないのでは。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第689回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0689.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

On Voice 第688回 石焼き芋を作りました

 捨てるつもりだったステンレスの蓋付き鍋の底に石を並べる。
 よく洗った芋を並べて30~40分、ガスレンジで空焚き状態に。
 ちょっと面倒?最近のレンジの安全対策。
 石が割れる音が恐いぞ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第688回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0688.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

On Voice 第687回 雪が積もりました

 ここらにしては大雪で。
 雪国に住んでから雪が嫌いに。
 寒い時には焼き芋なのだ。
 石は100円ショップに売っていた!

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第687回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0687.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

On Voice 第686回 それ以前の問題(5/5)

 ネット右翼は現在の若者が置かれた状況の即時的反映。
 即時的な状況を突破するためには、人々の即時的欲求に迎合していてはいけない。
 「現実」よりも大切なものがあることを訴えるべきだし、それをやり得るのは「宗教」だけ。もちろんそれは大変恐ろしいことでもあるが…
 全ての人が論理で説明できない核心的価値観を持っている。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第686回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0686.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

On Voice 第685回 それ以前の問題(4/5)

 左翼は合理主義で。
 しかし本当の核心は、何を正義と「感じる」か、理屈や論理を越えた気持ち、こころ、感情。
 マルクス主義を宗教と言ってはいけないタブー。
 イデオロギーはつまるところ宗教である。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第685回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0685.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

On Voice 第684回 それ以前の問題(3/5)

 ネット右翼がネットを活用しているという「誤解」
 ようするにそもそもウヨクの数が多いというだけのことで、それはネット以前の問題だ。
 「ちゃんと伝えれば人々は共感するはず」と考えてしまう弱点。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第684回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0684.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

On Voice 第683回 それ以前の問題(2/5)

 問題は、社会が崩壊するような大きな衝撃のあと新しい社会が来るのか、ソフトランディング出来るのかだ。
 ネット社会になると「大きな物語」が無くなるというが。
 実は脱中心であればあるほど、ますます全ての人に共通する基盤が必要になる。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第683回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0683.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

On Voice 第682回 それ以前の問題(1/5)

 加藤諦三の楽観論。
 資本主義が切り離した個人の孤立感の中にすっぽりはまったインターネットが、抑圧のない平等な社会をもたらす?
 資本主義の自立的な運動の方向性としてはその通りかもしれないが。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第682回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0682.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

On Voice 第681回 八百長事件・さらにもう一つの疑問(2/2)

 そもそも相撲記者は八百長が存在していることを知っているはず。
 実利を取って疑惑を曖昧にしてきたマスコミが、いま力士を断罪する資格があるのか。
 小沢問題と類似している点。
 これまで自分のあり方がスタンダードでありルールであると思ってきたから、不正を行った側が開き直るのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第681回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0681.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

On Voice 第680回 八百長事件・さらにもう一つの疑問(1/2)

 ここぞとばかりに関取たちを批判しているマスコミ。
 法的な責任は無くても道義的責任があると言うなら、小沢元幹事長と秘書たちをもっと徹底的に追求するべき。
 大相撲をスケープゴートに巨悪を見えなくしているのか。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第680回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0680.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

On Voice 第679回 八百長事件・もう一つの疑問

 「犯罪」ではない問題について、捜査機関が別件で得た情報を漏らして良いのか?
 自分たちのこととして考えてみたら。
 僕自身も受けた古い弾圧の経験。
 これは実は非常に恐ろしいことなのでは?

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第679回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0679.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

On Voice 第678回 段ボール箱で足下保温

 ガスファンヒーターは頭ばかり温かくなる上、空気の入れ換えが必要になる。
 去年おもいきって電気膝掛け毛布を購入。
 さらにアルミ蒸着保温ブランケットを。
 100均のアルミ保温シートを内側に貼った段ボール箱に足を突っ込めば完璧。
110206


弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第678回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0678.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

On Voice 第677回 日本の変革にネットは有効か?・下

 ネットも民主主義制度もツールでしかない。問題はそれを使う人間の側の問題だ。
 エジプトで民衆の運動が爆発するのなら、思想や言論の自由がある日本の方がずっと早く変革運動が盛り上がったはずで。
 重要なのは人々の気持ち・価値観が変わること。大きな物語を語れるようにならないと。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第677回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0677.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

On Voice 第676回 日本の変革にネットは有効か?・上

 社会変革を目指す勢力がネットを使いこなせるようにならなければという意見。
 10年前ならともかくね。
 東浩紀の「民主主義2.0」というのもあるが。
 エジプトでは人々が本気で変革を求めていたが、日本にそれはあるのか?

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第676回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0676.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

プラモ・レア箱絵シリーズ「ロボノイド」

今回のレア箱絵シリーズはバンダイ製「未来少年コナン ロボノイド 36003」です。
110204
マニアの方ならご存じでしょうが、ミニモデル4種セットで売られていたものの中の一点です。

はっきり言って、このロボノイドは全くどうしようもありませんでした。プロポーションが全然アニメの中に出てくるものと違うのです。結局ほとんどフルスクラッチで作り直しました。作品は以前紹介しているので、良かったらついでに見ていってください。
「プラモ・ロボノイドとダイス船長」

ただ、操縦者として入っているダイス船長の出来は秀逸で、感動的に良くできていました。

ところで、この箱絵をなぜ紹介したかというと、このセットの中で他の箱絵は皆アニメの画面から切り取ってきたもののように見えるのに対し、この絵だけはご覧のように「オリジナル」(!)なのです。
うまく使えそうな場面がなかったのでしょうが、このチープさが妙にこのキット自体のチープさとマッチしていて、今から見ればなんとなく味があるような気もしてしまう、そんな微妙さをお楽しみいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第675回 2011年1月改変ドラマ(似たもの編・下)

 リアリティは無いがストーリーに連続性があるので、それなりに緊張感がある「LADY
 ドラマ「ガリレオ」の焼き直し?「CONTROL
 テレ朝夜の京都オジサン枠のテイストむんむん「ホンボシ
 重たさがテレビドラマとしては収まりきらない「告発~国選弁護人

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第675回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0675.mp3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

On Voice 第674回 2011年1月改変ドラマ(似たもの編・上)

 なぜ? いつも同じ企画をぶつけ合う各局のミステリードラマ。
 前シーズンは脱税・政治献金ものだったが…
 今シーズンはプロファイラーもの、というか読心術(!)

 「LADY 最後の犯罪プロファイル

 「CONTROL 犯罪心理捜査

 「ホンボシ~心理特捜事件簿~

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第674回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0674.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

On Voice 第673回 近代主義を越えるために (5/5)

 真面目なことを言う人が排除される社会。
 冬の寒さにさまようホームレスと会社の奴隷にあまんじているサラリーマン。どっちが甘えているのか?
 これまでにあったモデルを探すのではなく、資本主義時代そのものを脱する決断がいずれ必要。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第673回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0673.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

On Voice 第672回 近代主義を越えるために (4/5)

 「中進国に落ちぶれる」?
 勝ち続けなくてはならないという近代主義の呪縛。
 思想界ではとっくの昔に近代主義が終わり、今やポスト・ポストモダンに。
 そうは言っても庶民に自由な選択肢があるわけではない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第672回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0672.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »