« On Voice 第698回 日本という暴力国家(3/3) | トップページ | On Voice 第700回 しつこく国民の責任について考える(2/3) »

2011年2月28日 (月)

On Voice 第699回 しつこく国民の責任について考える(1/3)

 民主党に投票した人達は何の責任も取らず、今度は民主党離れを起こしている。
 しかし今、菅内閣を引きずり下ろして次に何を求めるのか。
 再び自民党政権が復活したら、さらにさらに悪いことになってしまう。今度は批判勢力がいないのだから。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第699回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0699.mp3

|

« On Voice 第698回 日本という暴力国家(3/3) | トップページ | On Voice 第700回 しつこく国民の責任について考える(2/3) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 文化・思想・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/50987955

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第699回 しつこく国民の責任について考える(1/3):

« On Voice 第698回 日本という暴力国家(3/3) | トップページ | On Voice 第700回 しつこく国民の責任について考える(2/3) »