« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

On Voice 第752回 死に様とは生き様のことである(2/3)

 どう生きたかによってその人の死の意味が決まる。
 なかなかよかった野村知紗の「看護助手のナナちゃん」
 作品の質はテクニックとか経験だけで決まるものではない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第752回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0752.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

On Voice 第751回 死に様とは生き様のことである(1/3)

 この半年ほど人の生き死にを考える機会が多い。
 ランちゃんとミキちゃんの弔辞も実に立派だった。
 死んで生きるということを宣言したスーちゃんの遺言。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第751回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0751.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

On Voice 第750回 安全軽視と風評パニックのはざま(3/3)

 根拠もなく福島の子供を明らかに危険な状態にさらしてしまった政府。
 そうした状況には関心を持たず、風評に踊らされて自分の身の安全だけは守ろうとする被災地外の人々。
 現実にある放射能の危険を訴えると風評被害を助長する可能性があり、パニックを起こした人を批判すると「安全キャンペーン」を後押しすることになりかねない矛盾。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第750回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0750.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

On Voice 第749回 安全軽視と風評パニックのはざま(2/3)

 労基法では18歳未満の者を0.6マイクロシーベルト/h以上の場所で働かせることを禁止しているが、福島の子供はその6倍の被爆でもかまわないのだと。
 その上、現実にはその政府の基準さえクリアできないところがたくさんあって。
 生活基盤があるので逃げられない大人たち。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第749回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0749.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

On Voice 第748回 安全軽視と風評パニックのはざま(1/3)

NC-NO!
 先日の日曜日に東京都内で原発関連の催しが同時開催される。
 一緒にやればよいのにという意見もありましょうが。
 渋谷ではかっこいいパレードがあったようだが、ぼくは泥臭い芝公園の集会に。
 メインで訴えられたことは「福島の子供を救え!」

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第748回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0747.mp3

*参考!サイト
Youtube
・「くり返すな!原発震災 集会・デモに4500人
http://www.youtube.com/watch?v=aJG0OKfrkkc&feature=channel_video_title

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

On Voice 第747回 スーちゃんのファンでなくて残念、だったかも

 キャンディーズの田中好子さんが亡くなって。
 自分が生きていること自体が芸能人としての仕事であることを自覚した病床での録音。
 若すぎて良さがわからなかったあのころ。
 それでもやはり特別だったのかも。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第747回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0747.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

On Voice 第746回 根拠がない子供への被爆基準引き上げ

 本来は大人が被爆して良い放射線量は1ミリシーベルト/年なのだが。
 政府は根拠もなく福島の子供の被曝量を20ミリシーベルトに引き上げ。
 責任の所在さえ曖昧では困るのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第746回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0746.mp3

*参考!サイト
OurPlanet-TV
・「子どもの安全基準、根拠不透明~市民の追及で明らかに
  http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1012
日本弁護士連合会
・「「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明
  http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/110422_2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

On Voice 第745回  責任を取るべきは誰か(下)

 しかしやはり最終的な責任は国民・有権者にあると言わざるを得ない。
 立地を認めてしまった人たち、電気を使い放題使ってきた人たち。
 これに懲りて高コストの原発はもうやめよう。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第745回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0745.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第744回  責任を取るべきは誰か(上)

 東電社員の給料を2割下げるというが。
 下請け=現場で闘う人の待遇をこれ以上下げることは許されない。
 全ての責任を東電に押しつけた菅総理。
 背景には札束で横面を叩くように進めてきた政府の政策。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第744回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0744.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

On Voice 第743回 「菅降ろし」の不毛

 首相への批判が吹き荒れていて… 確かに妥当なことも多いが。
 増税批判は真面目に日本の政策を考えた結果なのか?
 ムダを切れなかった幹事長が今の内閣を批判する滑稽さ。
 選挙のためだけの反増税論も結局権力への執着でしかない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第743回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0743.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

NEKURA JUNK BOX 「満月星夜」

 すみません。今日は穴埋め番組です。

満月星夜
 演奏:イネス with SSWL4.0

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/jb19_mangetsu.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

ネットから2つ紹介

・現在のマスコミの状況を端的かつ的確に知ることが出来る記事です。

薔薇、または陽だまりの猫
東京電力・電事連がもたらす「大本営発表」/「私は干された」ジャーナリスト上杉隆の証言



・こちらはSF作家の坂本康宏のブログで紹介されていた動画です。

がんばろう!日本 (小さき負傷者たちの為に)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第742回 なぜだか本当にわからない…

 新聞の世論調査で半数以上が原発を増やすか現状維持を求めている。
 これだけ事態が報道されているのに。
 自分や子供の命や健康より電力が大事とは。
 それはともかく(?)Podcasting Juiceが終了するそうで。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第742回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0742.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

On Voice 第741回 自粛できない現代社会

 現実には自粛が出来ない客商売。
 それは日本社会が借金社会だから。
 人類のほとんどの時代は備蓄を進めてきたのに。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第741回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0741.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

On Voice 第740回  ノビル

 春めいてきて。
 むかし暮らしていた鳩ヶ谷は何もない貧乏な町だった。
 今でも近くには野草が生えている場所もあるのだが…
 不便で臭くて汚かったけれど、ああいう生活も悪くなかったのでは、と。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第740回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0740.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

On Voice 第739回  優秀で愚かな「日本人」(3/3)

 政治の話をすることがタブーになっている日本。
 選挙も政策ではなくイメージで。
 自分の周囲に対しては強い責任感を持つが、社会・国家・世界に対しては全くの無責任。
 希望でもあり絶望でもある「日本的」なあり方。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第739回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0739.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

On Voice 第738回  優秀で愚かな「日本人」(2/3)

 かつてのヒット映画「無責任男シリーズ」
 原型はハリウッド製コメディ映画の主人公のイメージ。
 それは「日本人的なるもの」の正反対としての「アメリカ人」
 まわりにとっては迷惑だけれど、大きな社会的正義感は持っている。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第738回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0738.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

こういうブログ記事がありました

原発問題では様々な意見がネット上で飛び交っていますが、このブログの記事は、賛否はどうあれ原発問題の本質を突いている良い文章だと思います。そうだからこそ、議論が沸騰しているのでしょう。

夢の中ではうまく歌える~福島には原発が必要だった

大量のコメントが付いていますが、このブログの場合、炎上というのとは違うと思います。賛同、批判、肯定、否定、いずれにしても皆んな本音で書いている気がします。つまり、問題は単純ではないということです。
この記事は、筆者の意図はともかく、全ての人に自分の責任を考えさせざるを得ません。

反原発派には耳に痛いところですが、民主主義というシステムを肯定するのであれば、結果的に多数決によって原発政策が推進されている以上、それは連帯責任であり、コメントの中にもありますが反対派が反原発の世論を作り出せない無力さにも責任があるのだと言われてもしかたないところがあります。

原発を受け入れてきた地元に責任があるというのも、全くその通りだと思うけれど、これまでの日本社会がそうせざるを得ない構造を作ってきたところまで掘り下げないと、弱者叩きにしかならなくなるかもしれません。
アジア・アフリカ諸国から不当に安い値段で買いたたいてきた品物であることがわかっていても、貧乏人には安い商品を買うしか選択肢がないという構造とも通じるところがあるのです。

On Voice でも取り上げていきたいテーマですが、とりあえずご紹介だけはしておきたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第737回  優秀で愚かな「日本人」(1/3)

 ちょっとがっかりさせられた統一地方選前半戦。
 こういう時に原発が争点にならないばかりか推進派が勝っている。
 人々が変化を望まないのは「今」だからなのか?

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第737回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0737.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

On Voice 第736回 自粛は止めようと言うけれど(4/4)

 日本経済が大きく発展しないと人々の暮らしは守れないのか。
 大きく儲ける人がいるということは格差が拡大するということ。
 小さい経済、等身大の経済、無理をしなくても生きていける社会を作ることこそが本当の復興・復活になるのでは。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第736回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0736.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

On Voice 第735回 自粛は止めようと言うけれど(3/4)

 化石エネルギー頼みの現代文明。再生産できないのだから消費すれば無くなっていくだけ。
 日本の豊かさはどこから来ているのか。地方、3K労働者、アジア・アフリカ、それとも未来の世代から?
 魔法であることがわかっているのに目をつぶってしまう人々の無責任。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第735回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0735.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

On Voice 第734回 自粛は止めようと言うけれど(2/4)

 メリハリの無くなった社会。
 悲しむべき時に悲しむ、自粛する時は自粛してよいのでは。
 震災がまだ終わっていない時に、節電を使用と呼びかけている時に。
 消費すればするほど豊になるという資本主義経済の矛盾。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第734回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0734.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

On Voice 第733回 自粛は止めようと言うけれど(1/4)

 東北の酒造メーカーの社長がYouTubeに投稿した動画が話題に。
 中小零細企業の仕事を奪ってはならないというのは当然だが。
 しかし日本経済が停滞する、悪化するというのは、本当に悪いことなのか。
 好況と言われていたときも庶民にとっては豊かさを感じない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第733回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0733.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

NEKURA JUNK BOX 「Walking with The Straw Hat~another version」

 すみません。今日は穴埋め番組です。

Walking with The Straw Hat~another version
 演奏:イネス with SSWL4.0

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/jb18_walkin-b.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

On Voice 第732回 夜空をながめる

 計画停電で星がよく見える?
 月が邪魔しているのか、空気が悪いのか。
 母に空を見せてみると。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第732回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0732.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

NEKURA JUNK BOX 特別版「今年も花が咲く(AMAZING GRACE)」

 人の世界のことを知ってか知らずか、今年も桜が咲き始めました。
 そんなことを思って詞を書きました。

今年も花が咲く(AMAZING GRACE)

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/amazing_grace_hanasaku.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第731回 祈り

 生活は一見震災前と何も変わらないのだが。
 しかし、どこかが決定的に違う。
 知り合いの中には身内を亡くされた方も。
 何もできない自分。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第731回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0731.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

On Voice 第730回 今のために未来のことを、未来のために今を(5/5)

 問題はプロセス。経済をソフトランディングさせること。
 つまり、なるべく痛みのない移行、具体的には格差を縮めていくこと。
 みんなで一緒に行けるなら、むしろ幸福な人類のシナリオになるはず。
 しかし現実は、震災の中でさえ真っ先に弱い者が差別され切り捨てられている。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第730回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0730.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

On Voice 第729回 今のために未来のことを、未来のために今を(4/5)

 経済のダウンサイジング。2番でも3番でも、5番でも10番でも。
 ハイリスク・ハイリターンの経済から、ローリスク・ローリターンへ。
 東電の事故には結局みんながリスクを負担しなくてはならない。
 貧乏は別に恐くないということ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第729回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0729.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

On Voice 第728回 今のために未来のことを、未来のために今を(3/5)

 現在の電力不足には火力発電所がダメージを受けた影響も。
 もはや答えは、低エネルギー・低消費=低成長社会しかない。
 活気が失われるという批判が予想されるが。
 経済成長率と社会の活気とは別に関係ない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第728回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0728.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

On Voice 第727回 今のために未来のことを、未来のために今を(2/5)

 もう原発はダメだという結論は出ていると思うのだが。
 どんなに知恵を絞っても現在の人間に原子力を安全に使いこなす能力はない。
 原発は高くつく。ランニングコスト以外に膨大な社会的コストがかかることを今回の事故がはっきり示した。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第727回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0727.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

YouTubeの原発関係投稿より

東電本社前で原発反対のデモ中に学生3名が不当逮捕!Anti-nuclear power plant
デモ隊到着後10秒で逮捕とは! ネトウヨはどこに行ったのかと思ったら、こんなところで一所懸命に反原発運動を誹謗するコメントを書いていたんだ。それこそ、もっとやるべきことがあるだろうに。怒るべき時に怒るべき相手にちゃんと怒れることが大切だと思う。


頼れる仲間プルト君——プルトニウム物語
プルト君はプルトニウムって言うんだホントはね。だけど恐いからみんなに嫌われちゃうの。カワイソーね、プルト君! 動燃が1991年に作ったトンデモ動画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第726回 今のために未来のことを、未来のために今を(1/5)

 東電も政府も自治体もマスコミも…
 原発の恐ろしさを訴えていた声に冷笑を浴びせかけていた人々が、現実になるとになると今度はもみ消そうとする。
 これまで勇ましいことを叫んでいた右翼は、「日本の危機」に何処へ行った?
 領海より原発が、クジラを食うことより乳児が安全に飲める水の確保の方が、実は本当の安全保障問題だったのに。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第726回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0726.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »