« On Voice 第754回 こんな時でも自分のことだけか | トップページ | On Voice 第756回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(2/2) »

2011年5月 3日 (火)

On Voice 第755回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(1/2)

 鹿沼での児童6人死亡事故をおこした運転手には病気の自覚があったそうで。
 こうした事件を技術的に防止することはかなり難しい。
 運転が出来ないと雇ってもらえないということもあるのか。
 誰でも免許を持てる、持たなくてはならない(?)社会。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第755回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0755.mp3

|

« On Voice 第754回 こんな時でも自分のことだけか | トップページ | On Voice 第756回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(2/2) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/51558578

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第755回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(1/2):

« On Voice 第754回 こんな時でも自分のことだけか | トップページ | On Voice 第756回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(2/2) »